事業を通じて環境負荷の低減に貢献

環境への配慮が企業存続の条件となってきている時代ー。

タイ・オリックスは、タイ国内の大手サプライヤーや請負業者との連携により、設備の設計から設置、財務、保守まで、設備資産の耐用年数全体を通して、お客さまの省エネルギーへの取り組みを支援します。

私たちが提供する太陽光発電システム、省エネルギー空調設備、LED照明における革新的なリース・スキームで、お客さまの事業リスクを最小限に抑えつつ、堅実かつ大胆なコスト削減を実現します。

太陽光発電システム
省エネルギー空調設備
LED照明

省エネルギー化に大きな効果

環境分野における持続的な技術進歩により、省エネルギー設備の投資コストは現在、十分採算が取れるまでに低下しています。

設備タイプごとのエネルギー低減率(参考値):

太陽光発電システム
15-30%

工場や倉庫など大型施設の屋根にソーラーパネルを設置することにより、日中の電気料金を15〜30%節約。稼働時間が長い施設を保有し、毎月の電気料金が200,000バーツを超えるお客さまに適しています。

省エネルギー
空調設備
25-35%

インバーター付きの空調設備への切り替えにより、空調(電力)コストを最大25〜35%節約。現在非インバータタイプの空調設備をご利用のお客さまに適しています。

LED照明
40-60%

LED照明への切り替えにより、電気料金を最大40〜60%節約。また、LEDの寿命は白熱灯の5倍です。病院や集合住宅群などの居住施設や工場などの産業施設など、様々な用途に適しています。

太陽光発電リースで
大胆にコストカット

太陽光発電の特徴に着目したタイ・オリックス独自のリースで、節電によるお客さまの利益を最大化します。

通常のリースとは異なり、月額リース料はお客さまが消費された分の太陽光発電量(kWh)に基づいて算出されます。初期導入費用なし、最長15年までのリース期間設定で、事業リスクを最小限に抑えつつ、リース開始初日から節電によるコスト削減効果を得られます。

通常の太陽光発電リース:
通常の太陽光発電リース:

実際の電気使用量に関係なくお支払額は一定

タイ・オリックスの太陽光発電リース:
タイ・オリックスの太陽光発電リース:

実際の電気使用量に比例してお支払額は変動

太陽光発電導入のメリット

確かな節約効果

タイ・オリックスの太陽光発電リースにおけるキロワット当たりのコストは、バンコク・地方配電公社(MEA / PEA)レートから固定割引レートを差し引いたものとなりお得です。また、インフレの影響を受けない固定レートオプションも用意しています。

将来の費用リスクを最小化

高品質な機種の採用とメンテナンス・修理費込みの料金設定により、リース期間中は想定外の費用が発生しません。安心してご利用いただけます。

初期導入費用なし、最大15年のリース期間

貴重な自己資金を温存しながら、リース開始初日から節電によるコスト削減効果を得られます。

太陽光発電リースに加えて、最大リース期間を5年とする太陽光発電設備のファイナンスリースも提供しています。

よくあるご質問

タイ・オリックスは契約型エネルギー管理(EPC)の請負業者ですか?

いいえ。ですが、太陽光発電システムの設計、許可、設置、テスト、および保守など、リース期間全体を通してEPC請負業者と緊密に連携しています。この連携は、お客さまが選定した請負業者ともスムーズに行うことができます。

EPC請負業者が提供する買電契約(PPA)ではなく、タイ・オリックス経由でリースする必要があるのはなぜですか?

理由は、タイ・オリックスの強固な財務基盤により、多くの場合でEPC請負業者よりも効率よく資金調達ができるためです。タイ・オリックスを経由することにより、お客さまはEPCが通常提供するものより大きな割引を享受できます。

一部のEPCではPPAに最低支払額が設定されています。タイ・オリックスの太陽光発電リースにも最低月額支払額がありますか?

はい。ただし、最低支払額は通常、現在の電気料金の60%程度です。全社的な休業などで長期間業務を停止しない限り、最低支払額がお客さまに影響を及ぼすことはありません。

上場企業にとっては、オフバランスシート処理の観点からPPAはリースよりも有利ではありませんか?

国際会計基準(IFRS16)では、PPAもリースと同じ会計上の扱いとなり、両者ともにオンバランスシート上の費目として扱われます。
IFRSに関する詳細につきましては、World Business Council for Sustainable Development(WBCSD:持続可能な開発のための世界経済人会議)が公開している記事「IFRS accounting outline for Power Purchase Agreements」でご参照下さい。
より具体的なご質問などにつきましては、お客さまの会計士にご相談ください。

日本最大の太陽光発電プレーヤーとしての信頼と実績

タイ・オリックスの親会社であるオリックス株式会社は、再生可能エネルギーと省エネルギーの分野において豊富な事業経験を有します。日本の環境エネルギー事業(EES)で培った知識・ノウハウを、ここタイ国においても最大限に活用しています。

オリックスEESは、自己投資による地上設置型メガソーラーの運営や、顧客施設への屋根設置型太陽光発電所の導入などの事業により、2,000メガワット以上の総設置ベースを持つ日本最大の太陽光発電プロバイダーとなりました。また、日本および海外各国においても、バイオマス、風力、水力、地熱発電にも積極的に投資しています。

また、再生可能エネルギー事業に加え、省エネルギーサービスとして、エネルギー効率の高い生産設備や電気・ガス・水道設備の設置や、CO2排出量を削減するための燃料変換及び政府補助金と補助金の共同申請により、お客さまの省エネルギー目標達成を支援するサービスも展開しています。

太陽光発電
バイオマス発電
風力発電
水力発電
地熱発電

資料のダウンロード

下記よりPDF資料をダウンロードいただけます。

TOLC_Brochure_EnergySaving_jp.pdf (486 KB)